自律神経失調症は「専門治療」が一番です

どんな症状がでるのか

 

自律神経が乱れると、体の器官に様々な不調が表れます。主に

 

「便秘」「下痢」「疲れやすい」
「疲れがとれない」「めまい」「立ちくらみ」
「不眠」「頭痛」「冷え」「動悸」「息切れ」
「顔のほてり」「肩コリ」「食欲不振」「だるさ」
「イライラする」「体の緊張」

なぜ、乱れるのか

ストレスや乱れた生活リズム、不規則な食生活、運動不足、喫煙、睡眠不足、加齢が挙げられます。

 

下記に当てはまる事はないですか?

 

朝食を抜く事が多い
就寝時間がいつもバラバラ
デスクワークが多い
体重が急激に増えた
体を休める時間がない
子育て、家事にストレスを感じる
仕事を変えた(周りが新しい環境になった)
性格が几帳面で真面目

 

あなたは、いくつ当てはまりましたか。
当てはまる数が多いほど、自律神経が乱れやすくなります。自分が気付かない間に、自律神経の乱れは出てきます。
今症状が出てなくても、いずれ出てくるかもしれませんので注意しましょう。

page top